2007年12月14日

最近使ってるスティック

以前、ダイヤモンドチップのジョーポーカロ沼澤尚モデル入手と
日記に書いて、それ以来それ中心で使ってきてました。
http://toto99.seesaa.net/article/16616542.html

この5Aはほんと使いやすいです。
ただ、これ、人を選ぶ感じがするんですよね。

僕が使うとドラムヘッドがボコボコにへっこんじゃうんです。
形状が「ダイヤモンド」ゆえ、とがったエッジでガツンガツン衝撃を伝えすぎてしまうのか、それともそもそもこのスティックはそこまで力いれちゃいかんのか。

あとチップから10センチ部分というか太くなる部分(ショルダー?)がちょっと細いみたい。
僕のドラムはそこを重点でシンバルとかハット叩く感じなんで、
そこがどんどん削れてますますやせ細っていき、
結果的にはまだまだ使えそうなのに、パスッ!と縦に裂けてしまうことが多いです。
いい品だけどもうちょっと寿命が長ければなぁ、と思わずにいられません。

でまぁ使いやすさにこだわってダイヤモンドチップ使うのもいいけど、
他にかわりがないものかと、ちょっとずついろんなモデルをつまみ食い中(笑
とりあえずはVIC FIRTH標準の5A(American Classic)をつかってみたりしつつ、最近ちょっとお気に入りになってきたのがシグネチャの「スティーヴ・ガッド」モデル。
vicsg.jpg
Jeffモデルじゃなくてスイマセン。
だってREGAL TIPのJeffモデルは細いわチップ小さいわで僕には使いこなせません(笑

画像の色でわかると思いますが、ガッドモデルはスティックにペイントがされてます。
見た目精悍でかっこよさげなんですが、僕が使うと脂ぎったり汗なんかで
スティックが滑りやすくなる…
なので、グリップ部分のコーティングをサンドペーパーで削って滑りにくくするようにしてます。
おかげさまでせっかくのガッドの白ペイントのサイン部分もあっさり削れてなくなります。笑

これ結構軽いです。感触がPearlの110Hっぽい気がしますです。
製品違えどわが原点回帰(※)…心地よさはそこにあるのかも?笑

(※)高校のとき自分で初めて買ったスティック。発売当時は110シリーズがJeffモデルで名前が刻まれていたそうな。僕が買ったときは既に名前が抜けた定番商品となっとりまして、Jeffモデルと知らずにしばらく使っとりました。

しかし、スティックはどうしても消耗品なわけで、
千円以上するものをポンポンと買えないオサイフ事情な僕にとっては
さらなる代替品などでお安くまとめられたらこの上なき幸せ、なわけです(笑
たとえば、楽器店でバケツセールでバラバラーと入ってるスティックが
自分にぴったり来ればラッキーかなと。

tama 214B
楽器店でそんな風に置かれていた、上の写真のTAMAのB214Hが500円。レジでさらに割引で370円て…!?
旧モデルの処分品みたいですが、一応メーカモンでっせ。これこんな値段でホントいいんですか?いいんですよね。ええ、1セット即買い。この値段ならだめでも諦めがつくもんですね。笑

後日練習で使ってみました。TAMAのを使うのははこれがはじめて。ちと気持ち重たいかなーという気が。使えねー!ってワケではないんですけど、跳ね返りかたがVIC FIRTHとはやはり違うかな…
木の密度とか?重心かな?詳しいことはよくわかりませんが、感覚なもんで。
同じヒッコリー材質なのにいろいろあるんですね〜

なんて、そんな違いをわかってさらに緻密な演奏にができるようになるためにはまだまだ時間かかりそうですけどね(笑
posted by kirry at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

ライヴやらレッスンやら

12月忙しくなってきました
風邪気味ながら、一応生きています。

12/8のライヴ、無事終わりました。
いやーなんかすごい楽しくやりました。といいながらやったこと覚えてないし(笑
4曲。Jeffとはまったく毛色の違う曲たちでした。

I'M SO SICK(FLYLEAF)
SURRENDER(ASHLEY SIMPSON)
ZERO(土屋アンナ)
LA LA(ASHLEY SIMPSON)

音源は僕のデス声が1曲響いてるんだそうな(なんじゃそりゃ笑)
手元に音源がないのでわかんないですが、

イベント全体もすごく楽しかった。


で、Jeff道はどうなったのか、と。笑
レッスンのほうは2週間に1回、ちまちまやってるんですが、
ちなみにライヴの練習ばかりしててレッスン用の練習してませんでした。

なのに、とうとう「Rosanna」が課題曲になってしまいました。
あー。きてしまったか。。。
手足うまく動かなくて苦しむ可能性大ですが、
どこまで出来るのか自分でも楽しみでもあります

明日の練習用スコア作らなきゃ。。。
コピーしてドラムスコア部分を抜き出して切り貼りするだけですが
けっこう手間かかります。
うーん、どうすべ。。。
posted by kirry at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | BAND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

アイテム:ドラム練習用シューズ

やはりドラマーさんは足元が気になるんですよね。
最近New Balanceからこんなシューズが。
神保彰プロデュースシューズ1000足限定販売
http://www.drums.co.jp/sale/newbalance/m150/index.htm


ドラマーさん。
裸足派、靴下派、靴派、シューズ派、ブーツ派…いろんな方がおられます。
気合入れるときは裸足、とかシチュエーションやそのときの気分で
変える方もいるようです。

僕はドラム始めた頃は裸足派or靴下派だったりしたのですが、
現在はシューズはいてやるようになるのが普通になってきました。

しかし、たとえば平日の勤務後にスーツ姿で練習とか入ったりする。
スーツだと必然的に革靴。
これ普段のふみ心地とまったく違う、ちょっと緩めサイズはいてたりで、足の中で滑って違和感ありまくり。
なので前々から
「カンフーシューズみたいな薄手の材質の靴でドラムやりたいな」
と、持ち運びにかさばらないものを探してました。

で、ようやく見つけました。
ナイキのおもしろいシューズみたいの。処分価格980円。
ネットでこの商品探したけどどこにものってないので、
多分カタログ落ちなのでしょう。
地下足袋ぽい?

これはなかなかいいです。現代のソフトな地下足袋というか、
靴下のようなナイロンゴムの材質+ゴム底。
ペダルの金属と肌が触れないので冬場も足の裏が冷たくなりません。
しもやけも回避バッチリ(笑)

白い靴下はいてるようにしか見えないんで見栄えはよくないですが、
本音言えばライヴでも使いたいすね(笑)

*---*---*---*

Ps.
靴の有無についてはスタジオやライヴハウスから指定があったりもしますね。
練習スタジオによっては「土足禁止」なとこも経験しましたし。

ほか、プロになればなるほど一流のハコやクラブで演奏。。。となると
たとえばジャズ系な店だとオーナーから
「靴をはかないのはみずぼらしい。クラブのイメージに合わない。
 そのまま演奏するならステージ上げない、ドラムは他の人に交代してくれ」
というクレーム、あったりするらしいです。

僕はアマチュアだし弘法じゃないので筆は選ばせてほしい…
というか、そんな場所にお呼びはかかりません(笑)
posted by kirry at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

12/08ちょっとだけライヴ出演

バンドサークルMLOの恒例年末ライヴが、
難波のライヴバーSHRIMPというところであります。
参加メンバでバンドユニットを組み曲を披露するというイベントに
一メンバとして出演させてもらえることになりました。

今回のユニットは、V♀、G♀、B♂、D(自分)の4人。
平均年齢25才ぐらいという…
ほんとは僕がいなけりゃ平均年齢下がりまくります。
なぜなら自分一人でバンドの平均年齢を引き上げてますから(笑
ええ、若いエキスを吸いながら練習ですよ(ん?笑

曲はアヴリル・ラヴィーン系(というジャンルが存在するかはわかりませんが)、
スクリーム系など(?)初めて知った曲ばかりですが、
女子の今時のかっこよさげROCKを4曲演奏する予定です。

しかし、やはりドラムパターン、フィルはいろいろ勉強になりますね。
おそらくそれぞれの曲のドラマーさんの演奏する手癖もあると思うので
僕にはそれむずいな。。。ってのがあったりしますが
ラフな感じでそれっぽい雰囲気がかもしだせたらいいかなと。

1曲スクリームヴォイス担当になっちゃってます。ええ、歌ではありません。
ガラガラ声で叫ぶ担当笑

ライヴは半年以上ぶりなんでステージ立つの緊張します多分。。。汗
posted by kirry at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BAND)LIVE/練習/音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

近況

レッスンの近況。

実は通っていた練習スタジオが9月いっぱいで潰れてしまいました。
講師もそのスタジオとは契約終了となったようで、
他のスタジオみつけてレッスンは続けます、ということだったんですが、
いわゆる他のスタジオでといっても、別に講師だからと
アドバンテージがあるわけでもなく、個人練習なスタイルで普通に予約ですから
前日や当日にならないと大抵のスタジオは予約できず、
また空き具合もよくわからないわけで、
あいていればレッスン、なければ休み、そんな感じになってきました。

で、ドラムレッスン、10月は結局ありませんでした。
2回あったうち1回目は部屋なし、2回目はもともと僕が予定悪い日で出席できず。

こう先延ばしになってしまいますとどうも集中できないというか。。。
基礎練習ぐらいは黙々とやっておくべきですが、
忙しいからという理由にかまけてさっぱりできてません。
これじゃ上達しないなー。汗

*---*---*---*

話は変わりまして、久々にCDを買いました。


・スタッフ「スタッフ」
洗濯洗剤のラベルかと一瞬見間違いそうなジャケットだったんで
もっと「ザブ!」とか「アタック!」とか激しい目かなと思ったんですけど、
こりゃ結構落ち着き目というか、ともすると渋い。。。
ドラムがスティーヴ・ガッドなのでAJA的な激烈プレイするのかと
思ってましたが、ベースや全体のノリを重視してるようですね。
だけどまだこのアルバムのスポットが見つけられてない感じですんで、
これしばらく聴き続ける事にします。

・ラリーカールトン「スリープウォーク」

Jeffが数曲たたいている、という理由で買いました(ラリーファンな方スマセン)
Jeffのお得意シャッフルの曲もありましたが、
これももうすこし聞き込んでみます。


・AIRPLAY「ロマンティック(2005リマスター)」

AIRPLAYは旧盤CDもってるんで買うつもりではなかったんですが、
「CD3枚買ったらスクラッチ割引券」というタワレコの商売にやられまして(笑)、
抱き合わせ的に買いました。

さて、新旧音源の細かい聞きくらべはメンドウなのでしてませんが、
劇的に音がかわった!すごくなった!。。。とはあまり感じません、
再生環境が貧弱で。笑

しかし、4曲目の「Nothin' You Can Do About It」が、
音ゆれなく聴けたことに一応の納得。
(この件については過去の日記に書いてます)

ライナーノーツに「リマスターよりいっそミックスしなおしたい」という
ジェイ・グレイドンの言葉が書いてましたが、ホントそれやればよかったのに〜
posted by kirry at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

ハーフタイムシャッフル

前回COMING SOONとかいってた練習の中より、
Rosannaぽい感じのハーフタイムシャッフルを

これ5分ほど延々やってたんですが、
マシなのがこの20秒ぐらいしかなかった。。。
残りは突っかかったりずれてたり、聞いてて気持ち悪い。。。
(この音源すら、え?え?ってなりますが)


むずかしいですわー。。。またがんばります
posted by kirry at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | BAND)LIVE/練習/音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

個人練習ひっさびさ

3連休の最終日24日、ヒマだったので練習スタジオで
2時間ほどリズムパターンやらへこへこやってみました。
メインはレッスン曲の詰めとかですが、
どこまでRosannaっぽい感じができるのか、
歯食いしばりながらちょっとだけ挑戦(汗

ドラムにかかわらず、鍛錬は何事も積み上げ積み重ねが肝心と言われますが、
うーん練習に間隔空きすぎて全然積めてねぇ(汗
ヘタすぎてもがきっぱなし。

まだそんな底辺な練習かよ!な音源はまたそのうちCOMING SOONってことで(笑

スタジオはMDで録音してきたんだけど(スタジオがMDしか録音に対応してない)、
たとえばPCでMP3などで音源公開するとき、
MDアナログ→PC取込でワンステップ、PCで音源編集でツーステップ…
時間があるときはいいけど…時間があっても面倒臭い(笑

MDも過去の遺産になりつつありげ、って感じでしょうか。
posted by kirry at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BAND)LIVE/練習/音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

回り道(ドラムレッスンVolいくつ?)

先週14日のレッスン中の話。
ある課題曲を聴きながらの会話で、
「これSING SING SINGのプレイに似てますねー。ジム・クルーパっぽいプレイですね」
といわれる。

→いわれると気になる
→家に帰ってSING SING SINGの詳細をググる
→「ベニー・グッドマン」あへ?なんか名前きいたことあるぞ
→「カーネギーホール1938」が有名らしい。SING SING SINGのサンプルを聴く
→荒々しいフロアタムのジャングルビート。あれ、聞き覚えある!?
→映画「SWING GIRLS」で演奏されてた曲。DVDもっとるがな…

と回りくどい発見でした(汗

ちなみに、「カーネギーホール1938」の1938=昭和13年。戦前。
こういうの残ってるんですなぁ…
ちなみにこのCD、SONY完全盤より音のいいリマスターものが
海外で出回ってるそうな(Amazonの受け売りで確認はしてません)

さて、そんなフロアタムジャングルビートなフレーズ、
何の課題曲をやっているかというと。。。秘密です。

ってヒミツじゃなくて、東京事変の「秘密」(なんでまた東京事変:汗)

東京事変、ものすごいライヴ感カタマリのドラム。
とてもまねできないし、完コピ手順を追いかけるのに一苦労
(というか、多分本能でたたいてる部分があるようでマネがしずらい)
なんですが、
こういう背景的な発見を感じたりすると、
色々な曲をモチーフに今の曲はできてる、だから源流を聴いときなさい、
ということになるのでしょう。
posted by kirry at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Drum Lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

アホの子大集合〜

ぜんぜんドラムに関係ありませんが、ちょっと息抜き。。。

その昔あった、ラジオのオンエアのコーナーをコツコツつないでたものです。
こういう名前のコーナーがあったんですよね。。。


まぁ鶴光の真骨頂はこのあとのコーナーがもう…だったんですよね(笑

現在手持ちのテープデッキが壊れたり電波状況が悪かったりで音が途中途切れたりしてますがそこは資料音源ということですんません

昔ははがき職人がこのコーナーに向けてガツガツ書いていたのでしょう。
僕はこのテープを録音していたころは小学生だったので、ただただ聞いてるだけでした(笑

ほかのコーナーも誰かが大事に保存してるんじゃないかな。。。
聞いてみたい気がします。
posted by kirry at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Memories | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

15年

今度いつ更新する気になるかわからないので先に書いてしまいますが、
週末8/5はジェフ・ポーカロ没後15年という日になります。

毎朝FMを聞きながら通勤の支度をしてるのですが、
今朝Kiss-FM(神戸)の女性DJさんがBGMでRosannaを流した後、
「TOTOのドラマー、ジェフ・ポーカロですが、1992年に亡くなって8/5で15年…」
と短い時間ながら残念そうに言ってらっしゃいました。
普通の情報番組にドラマーの名前が出るなんて。ではっとしましたね。

あと、8/5は本当は京都のほうでトリビュートイベントのお誘いもあったんですが、
今回は都合により参加断念。
(ゲストがジェフにゆかりのあるプロミュージシャンだったりで濃度150%だと思うのですが)

しんみりするつもりはないですが、相変わらずの尊敬の念と、心の中で合掌。
posted by kirry at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Jeff Porcaro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。