2015年01月21日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年も細々と、やっていきます

今年のドラム・バンドの方は、2月にライブをすることになっています。
しかも、ツインペダルを使います。普段やりなれないので…
と言っても実際は2、3秒しか使うところはないのですが…


さて、なんとジェフ・ポーカロのムックがでるようですね。
ファンの方なら既に予約しちゃったかな?
「ジェフ・ポーカロの(ほぼ)全仕事」という名前で、以下の紹介文が書かれてました。興味ある方は是非!



ポーカロの参加作品全505枚を一挙紹介! 

バンド・TOTO創設メンバーであり、伝説のドラマーの(ほぼ)全セッション の匠の技を1冊に! 
時代時代の音楽に要求されたスタイルをパーフェクトにこなし、新しいエッセン スも盛り込むことができた稀有なドラマーの「音」に迫る! 
音楽におけるリズム(グルーヴ)の大切さ、ポーカロの素晴らしさを、オーディ オ評論家の小原由夫氏が掲載作品全てを丁寧に試聴し解説。 
ドラマー山村牧人氏による譜面付き奏法解説! 

<目次> 

第1章 TOTO 

第2章 1970~75年 

第3章 1976~79年 

第4章 1980~84年 

第5章 1985~89年 

第6章 1990~2013年 

登場ミュージシャン 
マイケル・ジャクソン、スティーリー・ダン、シェール、シールズ&クロフツ、 アル・スチュアート、ボズ・スキャッグス、大村憲司、Char、ダイ アナ・ロ ス、ジェイ・P・モーガン、ジャクソン・ブラウン、ジョン・メイオール、ピン ク・フロイド、オリビア・ニュートン・ジョン、ポール・マッ カートニー、 ジャ クソンズ、シカゴ、アレサ・フランクリン、竹内まりや、グレッグ・レイ ク、ビー・ジーズ、ラリー・カールトン、ドナルド・フェイゲン、クロス ビー・スティルズ&ナッシュ、エルトン・ジョン、ハービー・ハンコック、ライ オネル・リッチー、ポール・サイモン、エリック・クラ プトン、小田和正、アース・ウィンド&ファイア、大貫妙子、渡辺貞夫、マドンナ、セリーヌ・ディ オン、レイ・チャールズ、ブルース・スプリングス ティー ン…etc.
image.jpg
posted by kirry at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

こっそりではありますが

思い出したぐらいで書くペースが僕にとってはいいのかもしれません

久々にスネアドラムを買いました。8年ぶりかな。
あまり趣味にお金はかけられないので、本当に久々です。

かなーり以前に日記にかいた記憶がありますが、大変高価でなかなか手が出ず、
正直興味もなくなっていってましたが。まさか所有者になれるとは。

cl1465sg.PNG
既に廃盤品セール品で、定価40%オフの58000円ぐらいでした。
廃盤品とはいえ、家電製品と違って、新機能が搭載されて処理が早くなるなんていう
便利系の品物ではないので特に気にはならないですね。
むしろ逆に、シェルが乾燥してていい具合になるのではないかと(勝手な推測)。

ドラムマガジンで以前、生前のジェフがCustom Classicの試作品を
というのを見たのですが、
ジェフは5インチの8テンションの試作品を試したということ、販売時期もぜんぜん違うし、当時とスペックがどう変遷していったのかは正直わかりません。
まぁですが、ちょっとうれしい(笑

記事中「スティックがもぐる感じ」とコメントしていましたが、正直どういうことなのかはわかりません。6.5インチの10テンションだと、そうはならないのかもしれません。

同じ品物でも、たたく人が変われば音も変わりますからね。あは。

しばらくこれをメインスネアとして生きていきます(大げさ:笑)
posted by kirry at 23:40| Comment(3) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

最近使ってるスティック

以前、ダイヤモンドチップのジョーポーカロ沼澤尚モデル入手と
日記に書いて、それ以来それ中心で使ってきてました。
http://toto99.seesaa.net/article/16616542.html

この5Aはほんと使いやすいです。
ただ、これ、人を選ぶ感じがするんですよね。

僕が使うとドラムヘッドがボコボコにへっこんじゃうんです。
形状が「ダイヤモンド」ゆえ、とがったエッジでガツンガツン衝撃を伝えすぎてしまうのか、それともそもそもこのスティックはそこまで力いれちゃいかんのか。

あとチップから10センチ部分というか太くなる部分(ショルダー?)がちょっと細いみたい。
僕のドラムはそこを重点でシンバルとかハット叩く感じなんで、
そこがどんどん削れてますますやせ細っていき、
結果的にはまだまだ使えそうなのに、パスッ!と縦に裂けてしまうことが多いです。
いい品だけどもうちょっと寿命が長ければなぁ、と思わずにいられません。

でまぁ使いやすさにこだわってダイヤモンドチップ使うのもいいけど、
他にかわりがないものかと、ちょっとずついろんなモデルをつまみ食い中(笑
とりあえずはVIC FIRTH標準の5A(American Classic)をつかってみたりしつつ、最近ちょっとお気に入りになってきたのがシグネチャの「スティーヴ・ガッド」モデル。
vicsg.jpg
Jeffモデルじゃなくてスイマセン。
だってREGAL TIPのJeffモデルは細いわチップ小さいわで僕には使いこなせません(笑

画像の色でわかると思いますが、ガッドモデルはスティックにペイントがされてます。
見た目精悍でかっこよさげなんですが、僕が使うと脂ぎったり汗なんかで
スティックが滑りやすくなる…
なので、グリップ部分のコーティングをサンドペーパーで削って滑りにくくするようにしてます。
おかげさまでせっかくのガッドの白ペイントのサイン部分もあっさり削れてなくなります。笑

これ結構軽いです。感触がPearlの110Hっぽい気がしますです。
製品違えどわが原点回帰(※)…心地よさはそこにあるのかも?笑

(※)高校のとき自分で初めて買ったスティック。発売当時は110シリーズがJeffモデルで名前が刻まれていたそうな。僕が買ったときは既に名前が抜けた定番商品となっとりまして、Jeffモデルと知らずにしばらく使っとりました。

しかし、スティックはどうしても消耗品なわけで、
千円以上するものをポンポンと買えないオサイフ事情な僕にとっては
さらなる代替品などでお安くまとめられたらこの上なき幸せ、なわけです(笑
たとえば、楽器店でバケツセールでバラバラーと入ってるスティックが
自分にぴったり来ればラッキーかなと。

tama 214B
楽器店でそんな風に置かれていた、上の写真のTAMAのB214Hが500円。レジでさらに割引で370円て…!?
旧モデルの処分品みたいですが、一応メーカモンでっせ。これこんな値段でホントいいんですか?いいんですよね。ええ、1セット即買い。この値段ならだめでも諦めがつくもんですね。笑

後日練習で使ってみました。TAMAのを使うのははこれがはじめて。ちと気持ち重たいかなーという気が。使えねー!ってワケではないんですけど、跳ね返りかたがVIC FIRTHとはやはり違うかな…
木の密度とか?重心かな?詳しいことはよくわかりませんが、感覚なもんで。
同じヒッコリー材質なのにいろいろあるんですね〜

なんて、そんな違いをわかってさらに緻密な演奏にができるようになるためにはまだまだ時間かかりそうですけどね(笑
posted by kirry at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

アイテム:ドラム練習用シューズ

やはりドラマーさんは足元が気になるんですよね。
最近New Balanceからこんなシューズが。
神保彰プロデュースシューズ1000足限定販売
http://www.drums.co.jp/sale/newbalance/m150/index.htm


ドラマーさん。
裸足派、靴下派、靴派、シューズ派、ブーツ派…いろんな方がおられます。
気合入れるときは裸足、とかシチュエーションやそのときの気分で
変える方もいるようです。

僕はドラム始めた頃は裸足派or靴下派だったりしたのですが、
現在はシューズはいてやるようになるのが普通になってきました。

しかし、たとえば平日の勤務後にスーツ姿で練習とか入ったりする。
スーツだと必然的に革靴。
これ普段のふみ心地とまったく違う、ちょっと緩めサイズはいてたりで、足の中で滑って違和感ありまくり。
なので前々から
「カンフーシューズみたいな薄手の材質の靴でドラムやりたいな」
と、持ち運びにかさばらないものを探してました。

で、ようやく見つけました。
ナイキのおもしろいシューズみたいの。処分価格980円。
ネットでこの商品探したけどどこにものってないので、
多分カタログ落ちなのでしょう。
地下足袋ぽい?

これはなかなかいいです。現代のソフトな地下足袋というか、
靴下のようなナイロンゴムの材質+ゴム底。
ペダルの金属と肌が触れないので冬場も足の裏が冷たくなりません。
しもやけも回避バッチリ(笑)

白い靴下はいてるようにしか見えないんで見栄えはよくないですが、
本音言えばライヴでも使いたいすね(笑)

*---*---*---*

Ps.
靴の有無についてはスタジオやライヴハウスから指定があったりもしますね。
練習スタジオによっては「土足禁止」なとこも経験しましたし。

ほか、プロになればなるほど一流のハコやクラブで演奏。。。となると
たとえばジャズ系な店だとオーナーから
「靴をはかないのはみずぼらしい。クラブのイメージに合わない。
 そのまま演奏するならステージ上げない、ドラムは他の人に交代してくれ」
というクレーム、あったりするらしいです。

僕はアマチュアだし弘法じゃないので筆は選ばせてほしい…
というか、そんな場所にお呼びはかかりません(笑)
posted by kirry at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

FLATSという名のドラム

先日、梅田NU−でV-Drum(TD-12)をちょっとさわってみた。いいなぁ。。。
騒音ゼロじゃないけど小さくていいのう。感触も生に近いし。
でも30万オーバーではとても手が出ません。

しかし、やっぱドラムは生で叩きたい。。。
家で…じゃなくて、外で誰にもおこられない場所を見つけてカンタンにドラムもっていって練習できればいいのかも?

で、一時雑誌などで紹介されていた、FLATSという名のドラム。
http://www.y-m-t.co.jp/arbiter/index.html
YAMAHAが代理店(多分)でやってるみたいなんですが、
持ち運びめちゃめちゃコンパクトそうじゃないですか!!!
実物見たことないんですけど、どっかにあるんかなぁー
arbiter-flats-drum-kit.jpg
いわゆる胴がない、皮だけのドラムなんですが、
これってBOOWYの高橋まことや、アレックス・ヴァン・ヘイレンがアルバム「1984」のJUMPのPVで使ってた、
「ロートタム」というのに近いのかもしれませんね。
あ。タマさんの自宅のドラムもロートタムじゃなかったっけ

割り切ればそれなりに納得できる音、らしいです。

しかし、近くに音を出しても怒られない場所を求めて…というのもなかなか探すの難しそう。どっかないですかねぇ。。。
posted by kirry at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

フットペダル練習パッド

うひょーい、最近ネットに全然ついてけてないですわー!

先週土曜日、心斎橋の三木楽器に頼んでおいた、フットペダルパッドがとどきました。

YAMAHA KP-65
KP65.jpg

「手数王」こと菅沼孝三氏が
「エレドラをもってなくてもこれは練習用にオススメ」とドラム教室の教え子に
勧めている、、、と、どっかで言ってはりました…ホンマか?(笑)

ほんのちょっとゴムの中にクッションが入っているのか、パッドはほんの少しへこみます。
バスドラのアタック感触をイメージしてるんだろうな。。。
生のドラムの感触とは違います。仕方ない、今できることでガマンガマン。

練習用なのでバスドラの音は踏み込んでもベコっとしか鳴りませんが、その音も振動音も消えるわけではなく。
練習用といいつついつでも練習できるシロモノではないですね。
結局休日の昼間しかさわれないんです。

あー防音ルームをボクにくださいです。。。
posted by kirry at 00:29| Comment(1) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

ジョー・ポーカロ&沼澤尚モデルスティック、ようやく入手

ハイ、いつの間にか半月ごとの更新になっておりますが皆さんお元気でしょうか??
ワタクシただいまmixiに潜伏中でして、こちらまで手が回らなくなっちゃってます。

先日、大阪梅田の「ねぎやき やまもと」のはす向かい三木楽器に久しぶりに行ってきましたです(やまもとは行ってませんw)。

店内の陳列がめちゃめちゃかわってた。いつかわったの?つか、いかなさすぎw
いつも小物買いです。今回はドラムスティック。
しかし、今使ってるのと同じ型のスティックを見つけることが出来ず(ProMarkの印刷デザインかわってもた?)、わけわからんなったので、今回は新しくVIC FIRTHのジョー・ポーカロ&沼澤尚モデルにしてみました。5A、5Bそれぞれ1セットずつ。
diamondtip.jpg

はい、単にジェフ・ポーカロファミリーなスティックがほしかっただけです。めっちゃミーハー。笑
ダイヤモンドチップって書いてます。そういえば樹脂製のチップって初体験です。
明日大阪の練習スタジオでちょいとジャムめいたことをしてくるのですが、楽しみです。久々にスネアももっていこっと。

あ、ジェフのリーガルのスティックは印刷の色が黒になってました。。。


あと、楽譜コーナーにいきまして、イーグルスのスコアを手に取り、曲「TAKE IT EASY」を参照。
6/4に某mixiのコミュニティのセッションで担当予定になってまして。。。
これのオープニング、イントロからメロの入り方がなんか半拍おくれてない?おかしい、って感じてて。

何度も聴いて、自分なりに体でカウントとれば入れるんだけど、このカウントのとり方、他の人とは違うかもしれんなぁ。。。
実際どう書いてるのか気になってしょうがなくなっちゃって。

で、おもむろに開いてみると。
ありゃ。考えてる譜割とちがった。。。。

最初が8分音符はやくはいってんじゃん。。。音楽用語でなんつんだっけ、わすれたけどw
もういいか。結局最初だけだし、入り方が結果みんなとあってれば。…曲もTAKE IT EASY、だし気楽に。笑
posted by kirry at 23:01| Comment(7) | TrackBack(2) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

練習パッド

pad.jpg
日曜に心斎橋の三木楽器でスティックコントロールの練習用に台付きの安いゴムパッド買ってきました(YAMAHA製)。

とにかくヘタクソは一にも二にも振るべし、振るべし、振るべし!と丹下段平のおやっさんもいってるので(いってません)、今週月曜から毎日深夜に30〜40分ぐらい、振っています。
あ、深夜だとゴムパッドとはいえポコポコとうるさいので、このパッドの上に毛布をかぶせて叩いてます。

まずはやはりお約束のパラディドルを少々やってみる。教本に基本中の基本が書いてて、それをやってみたのですが、ダウンストロークの後、うまくスティックの位置が定まってなくて、次のタップの粒が大きくなるという問題点をみつけちゃったです。。。深夜で静かなのでポコポコの音も強弱が聞き取れるという恩恵ではあるのですが。

よし!ほかにも苦手なダブルでロールがちゃんとコントロールできるようになるぞ!(志だけは一丁前)

今日も日記書き終わったので、これからポコポコ振るべし、振るべし、振るべしっ!

ではでは(笑)
posted by kirry at 00:05| Comment(10) | TrackBack(1) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

五線譜ノートを使ってみました

2006年、今年の意気込みで半ば勢いで買ってきた五線譜ノート

今月のセッション向けに曲の展開を覚えようと、ドラム譜らしきものを書いて見ましたが。
僕はコレクター

1枚だけ抜粋ですが、めっちゃはしょりすぎてて自分以外は誰にもわかんない楽譜ですわ。ぷぷぷ

多分もっと休符とか記号書かないと、なんでしょう。付点二部休符とか。全部四分か八分の休符ばかりで(笑)
ちなみに、四分音符がちゃんとかけません。フニャフニャ記号書いたのって、ウン十年前に学校の音楽の時間以来じゃないかと思われ(爆)

とりあえず今はこれでカンベンしてください。おたまじゃくしがかけただけでも偉いゾ(笑)
posted by kirry at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

練習パッドがほしいデス

ここしばらくセッションなどでTOTOやジェフ・ポーカロのドラムに半スパルタ的に挑戦させられてきました(笑)。
シャッフルやシングル16なんて昔さっぱり動かなかったのが、ほんのすこし右手が反応するようになってきたりすると我ながら「おぉ前進前進」と発見があったりもしたのですが、所詮は付け焼刃。元々難しい演奏内容だし結果は大体メロメロ。ま、メロメロになるからこそ問題点が発見できるわけで、すごいいい経験させてもらってるーと思ってます。

「ツッコんでいくビート、タメのないビート」なのに「左足でリズムを刻むとテンポが緩くなっていく」し、
「バスドラのダブルキックの音間隔が詰まり気味でかつジャストに入ってないみたい」、「シンバルをコンスタントに鳴らしきれていない」、「フラムがきちんとできない」、など問題点は多数…完全独自の視点ですが。あってるのかー?

この問題点。。。曲をたくさん練習したから克服できるもんじゃないっぽい。やはり基本動作が重要になってくるのかー。。。ヘンコな動作やクセを見直さなあかんぽいです。

で、深夜に昔買った教則本を開きながら音符に合わせてスティックを振ってみました。
おもむろにスティック取り出してヒザや腿にスティックを当て「パタパタ、ピシピシ!ココココン!(骨の音)」…
さすがに2〜30分ずっとやると両足痛い!別に罰を受けてるわけでもないのに拷問(笑)

うーん。やっぱり練習パッドがほしいデス、ハイ(爆)
週末買いに行こうかしら。前にヤマハの店でスタンド一体型の練習パッドを5〜6000円ぐらいでみた…ような気がします。ペダルも消音できるなら一緒に組み合わせて練習したいけど。。。

ところでみなさんは家でどうやって練習してらっしゃるんでしょう。。。
自宅の練習環境とか興味あります!!
posted by kirry at 02:00| Comment(5) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

2006年一発目のヤルゾ!〜五線譜ノート

2006年がはじまって、もう1週間終わっちゃう勢いですねぇ。
特に一年の計をたてるでもなく。。。
いかんいかんいかん!毎年これやから音楽の耳もワザも向上せんのとちゃうか?と。
せっかくの年始。音楽でも一年の計をたててみるのもいいかな、と。

Jeffつながりで知り合ったツキミ姫さん、エムズさん、たのべえ様。。。
なんか楽譜に書くことをすごくやってるんだなぁって。
自分を音楽的にグレードアップできるかもしれんし。。。それでだんだん興味がわいてきた!
ということで、音楽の勉強ちょっとだけする!と決めました。

自分で耳で聞いて音符に書けたら、どう叩くのか、いい加減&うやむやに叩いていたフレーズがゆっくり分解できたりなんかするのかも。そんな期待も込めて。。。
20060104music.jpg
五線譜のルーズリーフ買ってきましたよん。
ルーズリーフなんてかれこれ10年以上使った記憶がないですけどね(笑)

問題は「オタマジャクシの書き方って、えっと、えっと」なんだなぁ。。。
こんな有様です。ガッコウの音楽の授業をもう一回習おうかねぇ。笑

すこしずつ書いてみようと思います。。。日々是勉強ナリ。
posted by kirry at 02:44| Comment(7) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

今一度ドラム本読み返してみたんですが。。。

どうにもドラム教室で習うお金がないので、とりあえず今自分にできるドラミング向上策を考えたす。

家にはドラム教則本がいくつか眠っています。すべて挫折したものばかり。大汗
しかししかししかし!昔と今のオ〜レはナニカガチガウ!(かもしれない…)というか、単にまた新しいなにかが発見できるかもしれない、と思い、もう一度読んでみる事にしました。
確か2年ぐらい前に買った、これ
takumi1.jpg

で、うーん、最初の2ページで躓きます。そうだよ、前もここでおわっちゃったんだよぅ。笑
takumi2.jpg

ダブル打ち、コツがつかめん。。。スティックがタイコから跳ね返るバウンドを生かして二発めいっちゃうぞー!ってのは頭ではわかるんですよね〜。
自分のものにするにはぐっとこらえて練習。淡々としていかなきゃいけないんでしょうな。


ちなみにこの本の「ポピュラードラミング100年史」の章にはJeffのフレーズも紹介されていまする〜
takumi3.jpg
楽譜は「Girl Goodbye」のフレーズでしょう。。。
ありゃ。昔「どんな風に叩いてる?」って日記で書いたぞ、オ〜レ。
うむむむ、、パラディドルの展開だったのね。言われてみれば。でも音聴いても画面みてもそんな風に思いもよらなかった。イマジネーション不足か?あははは。
posted by kirry at 22:16| Comment(3) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

雑音スネアでスイマセン

先週の土曜日に大阪のドラムショップに。スネアの下側の皮を買い変えようかなと思って。
その日は夜からバンド練習が近くであって、大阪だしついでにいってみよ感覚で。
もってた自分のスネアをみせながら「皮を付けてからもう2年ぐらい経つしそろそろ変え時かなと思って。かえたらショットの後、微妙に関係ないようなプーンって音がするっぽいのも治ります?」と相談。

連休がからんでか、客がほとんどいない時間帯で、店員さんも相談にのってくれて「プーンの音は多分、スナッピー(響き線)の位置が真ん中に来てなくて、リムと干渉して鳴ってるかも」と。確かにほんとだ、片側にずれている。。。初歩的なことができてなくてスイマセン〜
で、位置調節していただいて。が、叩くと「プーン」、、、消えない。他の理由か?

「よく見るとスナッピーの一本がピローンと浮き上がってるんで、スナッピー自体をとりかえれば多分音は消えるかと思います」おー、確かにおっしゃるとおり〜。これか、これが犯人なのか。。。そんなアヤシイスナッピーつけててスイマセン(笑
ということで同じ製品(カノウプスのなんとかかんとか)があったので変えてみる。しかしその努力をあざ笑うかのように「プーン」。スナッピーの変更前後では特に変動なしのような。。。

その後、もう一人の店員さんからもヘルプアドバイスが入りながら表裏のピッチを変えたり、リングミュートを付けてみたりイロイロやってくれて。。。最初軽い気持ちで見てもらってたのでそんな細かく見てもらるなんて恐縮。。。だんだん申し訳ない気持ちに。音よきえてくれ〜店員さんの努力に報いておくれ〜
しかし、その時点で個人的には充分ヌケのいい音がしてるんでもうプーンが消えてなくてもどっちでもいいですぅ、別に生音で繊細なジャズとかやるわけじゃないし、だけど。。。流れ上もう言い出せない状況になってしまっててスイマセン〜(笑)

結局、原因特定には至らず。気がついたら入店して1時間以上たってました。「使ってみてどうしても気になるならまたお店に来てください。フープ全部ばらしてイチからみさせてほしい」というなんともうれしい職人魂なお言葉が。こんなヘンなスネアでホンマスンマセン(汗)

sp01.jpg<TAMA SP-1455(Simon Phillips models)>
金属製(ブロンズ)のスネアどす。
TOTOの現ドラマー、サイモン・フィリップスのようにピッチを高くすると結構気持ちい音がします…ってピッチ高くすりゃどれも同じか!?(笑)。
写真は購入当時に写したもので、今ではかなり管理人同様キズったりヨゴレたりしてます(ぉぃ)

*-----*-----*-----*-----*
で、余裕を持って家を出たつもりがバンドの練習時間に少し遅れてしまったです。
遅れを取り戻そうとスタジオまで走っていったら、体内ピッチが変わってしまったのか、脳に酸素が行き届かなくなったのか、覚えたはずの曲が演奏箇所を何度も見失う失態。。。エンディングで終われずシリズボミが何度も。オ〜レだけ。オ〜レ!(バカ)
「はいkirry、みんなに土下座ね〜♪」と吊るし上げられ、「今日のkirryは迷いのドラムやったなぁ。どうした?」とまでいわれ。。。凹んだですねぇ、まったくやってないんならそらー仕方ないってなるんですけど。。。
スネアの調整よりわが身の曲の調整をきちんとしなあきません。オ〜レ自身が迷宮会入りでホンマスンマセン。次の練習はビシッと挽回するので見捨てないで〜!!
posted by kirry at 15:17| Comment(7) | TrackBack(1) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

おそらくマイドラムルーツ■和太鼓

8/26から数日間、実家に帰らせていただきます!!
って、別に家庭崩壊したわけではなく、あくまで予定通りですのでご心配なく〜

133940_3166354387.jpg
ワタクシが書いている、もうひとつのブログ(ほぼ放置プレイ中、去年は一所懸命日記をここと並行で書いていたのに)にも書いたのですが、この土日に地元でお祭りワッショイしてきます。
お祭りの雰囲気はこんな感じです。地元はワクワクしてて気分盛り上がってることでしょう。かくいうワタシも、もう仕事してられないす!!

昔ながらの日本の祭りって鉦(かね)、太鼓ってのが定番だと思います。
この地元の祭りにも「冨木八幡太鼓」と呼ばれる祭り太鼓があります。ワタクシ小学校のときには既にこの練習があったりしてたたいてました。町の人間はみんな知ってるし、男はこぞって叩いてたなぁ。

最近はたくさんの大小の和太鼓でかつ多人数でアレンジして魅せるものが流行っていますが、「冨木八幡太鼓」は逆で、一つの太鼓を2人構成で荒々しくたたきます。

基本は、「こばい(リズムキーパー)」の上に「おおばい(メインソロ)」というパートに分かれています。
「こばい」は、「おおばい」の邪魔にならない音量でアクセントをつけてリズムを生み出し、「おおばい」のフレーズの引き立て役となります。
「おおばい」はメイン担当。基本フレーズは起承転結2小節単位で合計8小節。10分もあれば誰でも覚えられます。ちなみに頭の中で叩き方を簡単に譜割してみたら「あ〜これ全てのフレーズのたたき出しがウラで入っとる」ってわかりました。一度みんなに触れてほしいですー(音源公開してみたい)。

「おおばいは8小節」と書きましたが、実際はアドリブ満開。「起」の2小節を繰り返して3回叩こうが4回叩こうが、「承」の2小節を5回リピートして叩こうが、それは「おおばい」のセンスにかかってて、「おおばい」がその場で繰り出すインプロに「こばい」が阿吽の呼吸で合わせていく。。。
これを延々と続けていく→おおばいがのる→こばいものる→独特な空気が生まれて盛り上がる→観客の大拍手。そんな感じです。うーん、ノリ・雰囲気は文字にはしづらいなぁ。

メロディ、一切ありません。ひたすら太鼓の音のみ。だけど、なぜか盛り上がるんです。打楽器って叩けば音が鳴るシンプルな楽器なのに、シンプルだからこそほんと面白く感じられるのかもしれません。

そして、叩く姿。「いかに勇壮に魅せるか」「ダイナミックに叩いているか」パフォーマンスも大事!これが一番大事かも。

自分的にはメインの「おおばい」より「こばい」になって一緒に盛り上がっていくのが楽しいんですよね〜

週末、楽しくたたきたいですわぁ。
posted by kirry at 16:12| Comment(5) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

イヤホン型メトロノーム〜

メトロノームのクリックを意識してドラム練習したことがあんまりないんです(笑)
クリックに合わせて叩くことって基本のうちの一つ。でも、クリックが苦手。できるようになりたいなと思ってるわけではないんのですが、全然しらん、というわけにもいかないよなーと。

曲が走ったりするクセを持つ自分。基準のクリックを持ってないから本能の赴くままにてれーっと叩くだけ。ハシるモトはといえば体内クリックの「基準」がないからではないのか?と。

120って言われたら「えーっと1分に何回カウントするかが数字やから…120やったら、1秒に2回カウントが入るな」ってわかるけど、いちいち現場でそんな計算してられません。
自分の限界の速度がどのぐらいの数字で、どのぐらい緩めるとどのぐらいなのか。また自分が気持ちいいと思うのはどのぐらいなのか。感覚的な要素で数字がはじき出されるぐらいに自分の中の感覚的な数値はわかっといたほうがいいかなーと。

バンドセッションの2次会でみせてもらったイヤホン型メトロノームが気になって。えらいお手軽なちっこいもんがあるんかー!勢いそのままに買ってきました、コルグのイヤホン型メトロノームMM-2というやつ。ヨドバシの電子楽器コーナーで1800円台でした。
korg_mm2.jpg
このメトロノームが陽の目を見ずに終わってしまわないよう、ちゃんと練習せなあきまへ〜ん(笑)
posted by kirry at 00:51| Comment(3) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

スティックを変えてみたテスト

スティックのことなんですが、どこのメーカのどれがどうって実はよく知らないんです。型番を知っているのがかろうじてPearlの110H(冠は取れてますが一応元Jeff Porcaroモデル)ぐらいなもんでして。
とりあえずどこにでもある(と思われる)Pearlの110Hですが、数年前新しく110STHというのが出てきて当時それを買ってみました。同じ110だしSTHのSってスペシャルの略?と勘違いしまして(スタンダートのSTらしい:笑)。しかし、使ってみると
「あれー同じ110って番号やのに110Hとは全然ちがうなー、重さがなんか違うのねー?」と違和感。
これがきっかけで、110番以外でも自分に合うスティックってあるんじゃ?違うのも試してみようかなーと。

そんなわけで先日店にいってみたわけですが、ずらーーーーーっと並ぶスティックのコーナー。いつもの売り場、これまでは決め打ちだったものから、いきなり知識もなく売り場全部から選んでみる…いや〜目移りと言うか、なんとなくでは買えないですけど?ぶは!わかんねぇーす(笑)

といってみたところで埒もあかないので、なんとなくこれかなぁと選んできたのがProMark-MilleniumIIの5Bというやつと、VIC FIRTHの5B。5Bって普通サイズなんでしょうか?ハテそれもわからんです(笑)

で、バンド練習で使ってます。感じることはPearlもProMarkもVIC FIRTHも同じヒッコリーの木なのに、メーカごとに重心とかがいうんでしょうかね。ProMarkは太さの割には木自体が軽いのか結構振りやすいし、それでいて音も通るというか。。VIC FIRTHはPearlとProMarkの中間からややProMarkよりって感じましたがこれも悪くはないです。
で、今まで持っていたPearlの110STHがやたら使いにくく感じたりするのですから不思議なものです。また、110Hは逆に軽くて頼りなく感じたり。おや?微妙な変化が起こる気配。

もちろんREGAL TIPのJeff Porcaroモデルも使ってみたりもしますが、細身のスティックで振りやすい部類だと思うのですが、自分が使いこなせていないのか音量がかせげず、他の楽器に埋もれてしまって、自分が何叩いてるか良くわからなくなることも…(汗)

結局は自分の腕が足りてないってことです。棒を振る動作に違いはないんやから、つべこべ言わずにドラミングできるようにならなあきまへん(笑)
posted by kirry at 01:40| Comment(9) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

フットペダル(2)

しょうもないドラム話を引き続き。
そんなマイペダルですが、自慢できるようなものではないです。Pearlの安物。
pearl%20pedarl%20885.gif
(写真はなんかのカタログだと思いますが不明)
学生時代に大阪京橋の京阪モールの何階だったか、ワルツ堂楽器店(もう店ありません)で試しふみもせずに値段だけで適当に買いました。使ってみると自分にとっては結構踏みにくく感じたのですが、それをずーっともう10年以上使ってます。大太鼓を叩くフェルト部分がくすんで黄色状態になってますがそれもずーっとそのまま。
今標準のアンダープレートと呼ばれるものもありません。逆に軽量で持ち運ぶのはそれほど苦にはならないのでこれはこれでいいのかもしれないですけど。

もともと体力がそれほどない自分は今のペダルを「うりゃぁー!」とちょっと踏みつけてる感じがしてて、しばらくすると足が疲れてしまう(笑)ので、最近、自分が使ってきたこのペダルよりも感覚的にあっているものがあったらいいなぁと思うようになってきました。

学生当時にどっかのスタジオに備え付けらられてた、ヤマハのベルトドライブのペダルが足に吸い付く感じでよかったなぁとか思ったのに…なんでこだわって買わなかったんだろう、って10年以上前を悔いても仕方ないのですが(汗)、多分、そのふみ心地いいペダルはヤマハの名器「FP-720」あたりではなかったのかと(憶測の世界)。軽くて足に吸い付く、ジャストフィッティングなイメージだったんですよね。。。

そんなもん「弘法筆を選ばず」、自分の体力、技術がタリンだけじゃ!って言われそうですが、できれば自分に使いよいものがあればベターなわけですし…また暇できたら楽器やさんへ行こうかな。

国産フットペダルの名器(といわれているみたい)YAMAHA「FP-720」生産終了品。個人サイトに写真がのってました。
posted by kirry at 02:23| Comment(2) | TrackBack(4) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

V-Drums欲しい病!

昨日日曜日、ローランドから販売されている「V-Drums TD-20」で組まれたドラムセットの値段の相場が知りたかったので、難波〜心斎橋の有名どころの楽器屋さん(MUSICLAND KEY、三木楽器、石橋楽器)を一通り回ってみました。

シンプルなセットで販売されていたMUSICLAND KEYで40万弱…その他の店はカタログどおりのフルセットで50万超…とても趣味の範囲で買えない、ため息のでる額。そもそもプロユースな録音に堪える機材として販売されてるってのもわかるんですが、敷居が高すぎやしませんかローランドさん。。。ってか、その値段でいい生ドラムセットが買えますが…それもまた防音という厚い壁が立ちはだかりまして(笑)

なので、まわった全部の店のメッシュスネアに買えない悔しさをぶつけてきました(ってか叩いて感動し、さらに欲しい病が倍増しただけ:笑)。

「TD-20」の下位機種音源「TD-8」が販売開始から既に4年以上経っているっぽいので、これが改良されてV-HiHat対応になってくれれば、もうちょっと現実的なハナシになるのかもしれないです。なので、今度は「TD-8」の現状の音を確かめにどっか行かなければ(コリナイヤツ:笑)。

*---*--追記--*---*
なんと、テケトーな憶測がアタリ!Rolandの新着情報にTD-8の後継機、TD-12というのが!?
しかもTD-20の廉価版でありながらV-HiHat対応らしい。どんなの?気になる!!!
*---*--追記オシマイ--*---*

そういえば、家にあるのとおんなじDTXPRESSが6万円ぐらいで石橋楽器で売ってました。うちが買ったときの半額。安!
posted by kirry at 16:09| Comment(2) | TrackBack(2) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。