2008年01月16日

ROSANNAを演奏したいと思ったきっかけ

toto4.jpg
そりゃまぁかっこいいから、と言われればそうなんですけど、
「これを自分でやる!」となったきっかけがあります。
以前同じことを書いたかな、と思いつつ。。。ないかな?

*---*---*---*---*

今でこそ時間見つけてはドラムを叩いてますが、
学生時代に遊びの一環でちょぼちょぼやってたドラムは
仕事の都合などもあり、一旦ブランクが5、6年あって、
30才ぐらいに再開しました。

ドラム再開したての頃はもともとはディープパープルとかハード・ロック系が
好きだったのもあり、イアン・ペイスやコージー・パウエルの
ハード、ヘヴィ、ラウド系に耳が傾いてました。

そんな中、一瞬ジェフに近づけたかもしれない時期はあったんですが、
「ポーカロ?TOTOの人?ふーん、曲は好きね、じゃぁCD買ってみようかな」と
手に入れたのが「ABSOLUTELY LIVE」。ジェフ没後のライヴで
ドラマーはサイモン・フィリップス。
が、ライヴのドラマー、サイモンに興味を持ち、
サイモンモデルのシグネチャーのスネアを勢いで買ってしまいました。
TOTO好きなクセにジェフはよく知らないという、逆転現象?のような感じでした。

話はバンドに戻りまして、実際参加したバンドもハード系で、
練習を重ねてとあるライヴハウスに出演することになりました。

リハーサルにおけるサウンドチェックなんてありまして、
そこでは自分をはじめ対バンさんのサウンドチェックももちろんあります。
対バンさんのドラマーさんは個人で持ち込んだカノウプスのフルドラムセットを
セッティングし、
PAさんからの「とりあえずセットで何か叩いてください」の指示に従い、
ドラマーさんから出てきたフレーズが、そう、ROSANNAでした。
そういう小難しいことはプロにしか出来ない、と思っていた僕が
何食わぬ顔で涼しく演奏されるのを目の当たりにしてしまい
、それはまさに衝撃で。
しなやかに叩いておられたのは覚えているんですが、
バンド名もその方がどんな方だったか、もう覚えていません。

何度もスティックを飛ばし、ヘナチョコで演奏が終わってしまった
自分が同じ場所にいたのがあまりに恥ずかしくて
もっとうまくなんなくちゃだめだ、と打ちひしがれて帰途に着きました。

そこからビデオや本を買ったり、情報交換したり研究したり。
少しだけどドラムにお金かけはじめたのもこれを境に、でしたね。

*---*---*---*---*

そんな日を経てはや7年ぐらい。
ジェフ一辺倒、というわけではないですけど、
いまだ念頭においてドラムが好きで。下手のなんとかはダテではありませんね(笑)


以上、思ったままに書いてみました。
posted by kirry at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Memories | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。