2005年04月16日

Jeff's Drummingここが疑問だ!■TOTO「All Us Boys」

jp_old.jpg
真似るにも本当のやりかたがわからないプレイのひとつを恥ずかしながらあげて見ます。
端折って演奏する自分が、いい加減な耳でさらにはしょったら原形とどめない意味不明プレイですし(笑)

TOTOの2nd「Hydra」に収録されているグイグイビートのナンバー「All Us Boys」なんですが、後半のサビから一旦ドラムパート&唄パートのサビになって、また音入りサビに入る直前、あの!あの箇所なんですけど、サビに移行するフィルイン、とてもかっこいいですね〜。やってみたくなりますよね〜

最初聴いたときは
「おりゃぁー高速オカズ!スネア、ハイ、ミドル、スネア、ミドル、ハイ、スネア」ってオルタネートで叩いてました。少し練習してデキタデキター、やるやん自分!ってうれしく思ったのですが。。。どうもジェフのフィルは違うような気が。もっと複雑っぽい。これってバスドラもからめてます…ね!?よーくわからないのです。
どーやって叩いてるのだろう?
(1)スネア、ミドル、バス、スネア、ミドル、バス、スネア
(2)スネア、タム&バス、タム&バス、スネア、タム&バス、タム&バス、スネア

なーんて考えたのですが。最近(2)のように思えてきました。しかし、こんなことバランスとってできるのか?実際どうなんでしょう。。。どなたかそーっと教えてくださいね(!?)
posted by kirry at 15:40| Comment(4) | TrackBack(0) | Jeff Porcaro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
曲始まってから3:23のフィルでしょうか?あくまで私の推測ですが、8バスドラ-8Rスネア-16Rスネア-16Lスネア-16バスドラ-16Rフロア-16Lスネア-16バスドラ-16Rフロア-16Lスネア-16バスドラ-16Rフロア-8Lスネアではないかと思われます。これは虎の巻ジェフ・ポカーロ"ドラム・ブラザー"奏法解説P74に「Mは早めのロックンロール系の曲のここ一番という時に使われるもので、3拍フレーズでかなり派手な演出効果がある。」とあります。私もこの譜面見ながら何度も聞き直しましたが多分これでしょう!!
Posted by タマ at 2005年04月17日 09:58
>タマさん
やはり「ドラム・ブラザー」必携ですね〜、うーん。。。
マガジンでポーカロ特集も出たことだし、再販されないかな。。。
今はただ滑らかにできませーん。ちょっと練習しないと。ガンバリマス!
Posted by kirry at 2005年04月18日 12:28
kirryさん、こんばんは!GROOVEです。
うーん、頑張ってますねー。
そうそう、All US BOYSのそのフレーズ。
カッコいいんですよね。
これは、僕もタマさんの手順でいいと思いますよ!
3連フィルは何とも派手に聞こえるし、何よりも叩いてる自分が気持ちいい〜。
Kirryさんはバスドラの絡みが頭に無かったと思いますが、このフレーズのようにバスドラを絡めた速いフレーズは、手順が難しくなくても何だかテクニカルに聞こえる手品のようなものですね。
スピードがあるので厳しいですけど、慣れたら癖みたいに叩けるようになると思います!
Posted by groove! at 2005年04月19日 23:47
GROOVEさん
できるかどうかは別問題として(笑)、ともかく手順を頭に叩き込むことが出来ます!ありがとうございます!器械体操の如く反復練習します(笑
Posted by kirry at 2005年04月21日 01:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。