2006年07月27日

FLATSという名のドラム

先日、梅田NU−でV-Drum(TD-12)をちょっとさわってみた。いいなぁ。。。
騒音ゼロじゃないけど小さくていいのう。感触も生に近いし。
でも30万オーバーではとても手が出ません。

しかし、やっぱドラムは生で叩きたい。。。
家で…じゃなくて、外で誰にもおこられない場所を見つけてカンタンにドラムもっていって練習できればいいのかも?

で、一時雑誌などで紹介されていた、FLATSという名のドラム。
http://www.y-m-t.co.jp/arbiter/index.html
YAMAHAが代理店(多分)でやってるみたいなんですが、
持ち運びめちゃめちゃコンパクトそうじゃないですか!!!
実物見たことないんですけど、どっかにあるんかなぁー
arbiter-flats-drum-kit.jpg
いわゆる胴がない、皮だけのドラムなんですが、
これってBOOWYの高橋まことや、アレックス・ヴァン・ヘイレンがアルバム「1984」のJUMPのPVで使ってた、
「ロートタム」というのに近いのかもしれませんね。
あ。タマさんの自宅のドラムもロートタムじゃなかったっけ

割り切ればそれなりに納得できる音、らしいです。

しかし、近くに音を出しても怒られない場所を求めて…というのもなかなか探すの難しそう。どっかないですかねぇ。。。
posted by kirry at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、息子の中学校に標準装備されてるですよ!
運動会のときとか、校庭のど真ん中に置いて
ドラム腕自慢の男子が叩いていたなあ。
野外なのに結構ドワン、スパンッと響いて、いがったっすよ。

私もあそこで叩きたかった…(汗)
Posted by たのべえ at 2006年07月29日 07:07
わーそうなんですねー!
見たことないので実際どんなもんじゃろ?とか思っていたのですが
叩きたいと思うぐらいにイケるのですね〜!

たのさまが中学校で
「おらおらー、よーぉっくごらんなさい、ゴーストはこんなふうに!」
と、水泳と同様、ご指導が見れないのがザンネン。。。
Posted by kirry at 2006年07月31日 13:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21324675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。