2005年12月28日

Ritchie Blackmore’s RAINBOW Live In Munich 1977

ジェフのグルーヴにハマる以前は、スキなドラマーの一人に、コージー・パウエルがいました。

ジェフがグルーヴマスターなら、コージーはロック・カリズマ、という表現でしょうか。
ジェフと同じなのは、コージーも既に他界していること。

コージーについては過去の日記に一度書いた記憶があるのですが、DVD「SUPER DRUMMINGS Vol.1」で動くコージー見たさに買いに走ったこともあります。これもソロのフレーズを叩いてる場面があってかっこよかったし感動した。
が、それを上回る、こんなDVDが最近発売になっていたとは。TV放送で出回っていた(らしい)ブートが113分の完全版となった初期Rainbowのミュンヘン1977年ライヴ。発売になってます。

早速買いました。帰宅途中にDVD買ってワクワク感が湧き上がったの、久しぶり。
ワクワクして撮った写真:笑

2枚組のDVD(1枚は本編ライヴで、もう1枚は特典ディスク。レアPV、インタビュー等)。
このライヴ、演奏スタートが夜中の12時というライヴなんですね。。。インタビュー見て驚きました。
ミュンヘン直前の公演後、リッチー逮捕・監禁→ミュンヘンライブ当日になんとか釈放される→リッチー、ミュンヘンに移動→到着→10分後、ステージ衣装もそのままステージに立った→12時開演→リッチーの表情がにこやかな場面が。…だそうです。

本編ライヴはラストはアンコール。その演奏も終わっり、リッチー以外のメンバは袖に引っ込み、ステージ上はリッチー一人。ギター抱えたままファンサービス?と思ってたらそこからギタークラッシュ!まさに狂気。普通は曲中に壊してエンディングというのがクラッシュのパターンと思っていたので壊したままステージが終わるってかなりの衝撃。


さて、コージー。
和太鼓バチのような野太いスティックをレギュラーグリップで豪快にぶち込む。ツーバスの男気。叩いてない時間ですら存在がかっこよすぎる。みんなあのドラムにあこがれたんだよな。。。。
タムと両足でドロロッ!と決めるあのフレーズも、シンバルをヒットするあの腕も、かっこよすぎる!
ドラムセットはよく確認はできませんが多分ラディック。

そしてとうとう、「1812年」のドラムソロ。あぁコージー、コージー様!
MSGの「One Night At Budokan(完全版)」で来日中体調を崩したコージーのソロプレイが収録され、これでも満足、と思っていたのが、この絶頂期のコージーのソロ。とうとう見てしまった。画像もコージーのサイトで流れる同場面の映像資料よりもはるかにクリア。何も解説不要。


映像は1977年なので時折画像が揺れたりボケたりもしてますが、そんなの別にいいです。こんな映像を見ることができる。。。。生きてて良かった。。。(ちょっと大げさ)
演奏内容もイイ!Kill The King、Mistreated。。。初期Rainbowファンなら必携!!!!(最近のDVDにしてはちょっと高いケド)
posted by kirry at 02:00| Comment(9) | TrackBack(2) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます(^^)/

昨年はTOTO、Queenと私の手がけたイベントにお越し頂きホンマ感謝します!! で、なんと言う偶然、次回は4/16(日)に「Cozy Powell」のセッションを開催します。お題は「みゅんへん77」「足が地に着く」に主眼を絞ったネタの予定どすが、気軽に一曲如何どすか??
あっそれと1/15にも軽くセッションするのですが、Drumが足りないので是非一度一緒にお手合わせ願いします。ネタは「東洋陶器」「旅」「異邦人」「虹」等です。

いずれも京都・北山のROCK BAR「BBA(HP)」の「プロデューサーナイト」の掲示板をごらん下さいませ! TOMちゃんも結構参加していますので、是非「東洋陶器」あたりをご一緒したいです!。
Posted by Jun Green at 2006年01月05日 00:20
>Jun Greenさん
去年は楽しいイベントに呼んでくださってどうもありがとうございました!
今年もまたTOMさんプロデュースのJPトリビュートが開かれますように…
あ、Junさんは一線から退いたのでしたね。。。いずれにしろよろしくおねがいします!

コージーみたいに両足バスドラム踏めないんで(汗)いち観客ですー(笑

京都BBAで1/15ですか?
ちらりと掲示板見させていただきました
敏腕な方がたくさんの中にワタシメが参加してもいいんでしょうか??
東洋陶器はドラムが99%ヤバイ出来にしかならないのでTOMさんにコロサレマス(大汗)
酔っ払いついでに自分でもできそうな曲があったら演奏参加してみようかな。。。
聞いてるだけでも楽しそうなのでスケジュール開けにかかります(笑)
Posted by kirry at 2006年01月05日 17:05
いえいえ「完コピを極める」では無く「半コピを楽しむ」会ですので、皆楽しく音出しするセッションです。気軽に来て頂ければきっと良い「出会い」があると思います。気軽にBBAの掲示板に「参加表明」して頂ければ「酔っ払い」ついでに「スティック」握っての舞台が待っています(^^)/
Posted by Jun Green at 2006年01月05日 20:40
半コピすら微妙ですが…ひとまずは安心しました〜
とりあえず掲示板に参加申請しましたので、またお世話になります〜
よろしくお願いしま〜す
Posted by kirry at 2006年01月05日 23:22
古い記事へのコメントなので、kirryさんは
気がつかないかな?
最近ワタクシ、コージーセッションに向けて、一時的に「Richie Blackmoreにハマッテマス」状態になっております。
Posted by マット at 2006年03月20日 23:19
ところで、このDVD近々購入予定なのですが
もしかして以前○ートで購入したのと同じなのでは?と疑っております。ジャケ写真は白いストラトですが、リッチー、実際はサンバーストのストラトを弾いていませんか?
Posted by マット at 2006年03月20日 23:21
いえ、気づきまくりです(笑

一応本文にも書きましたが、多分マットさんが思ってる通りではないかと。ブートの正規版です。
リッチーはサンバーストですねぇ。。。
Posted by kirry at 2006年03月20日 23:33
よくぞ気が付いてくれました。(^^)

そうですか、やはりサンバーストでしたか。
HMVにDVD発注してしまいましたので、後は得点映像に期待っていうところです。

ところで、4月16日、エントリーしましたか?
Posted by マット at 2006年03月21日 19:22
そうですね、でも画像は幾分きれいなのと演奏前後のリッチー得意のオブリもかなり入ってるので細部まで知りたいって人はこっちでしょうね。

4/16参加メールと希望曲を、ということで一応メールしましたが、あとはJunさんが調整中かなーとか勝手に思っちゃったりしてます。
メジャーなのしかマトモに出来そうにないのでひょっとしたら調整後パート参加ゼロかもしれませんが、BBAには行くつもりです(笑)
Posted by kirry at 2006年03月22日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11116965
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Ritchie Blackmore’s RAINBOW Live In Munich 1977
Excerpt: Ritchie Blackmore’s RAINBOW Live In Munich 1977 海賊版が多数出回っていることでも有名ですが、正規版としてはこれが世界初!!
Weblog: ありとあらゆるハプニングを起こしたい!
Tracked: 2006-02-14 18:36

パソコンが壊れた
Excerpt: 前回の記事をアップした直後にパソコンが壊れた。 起動しても延々とWindowsの旗が出たまま次に進まなくなった。 ネットを見ていたらすごく重くなったので、強制終了して再起動したまま 犬の散歩に出かけ..
Weblog: mattの不定期日誌
Tracked: 2006-03-20 23:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。