2005年12月16日

祝(!?)TOTOのリマスターアルバム、通常プラケース盤で再発

image/toto99-2005-03-10T00:23:54-1.jpg
(はいそこ、写真使いマワシとか言わないっ!:爆)

先日、るーむ335yyzさんのブログで知ったのですが、DSDリマスタリング紙ジャケット生産限定として発売され、現在入手困難となっていたTOTOの1〜4thのアルバムが、通常のプラケース盤として12/22発売とのこと。AmazonやHMVなどでは既に予約販売が行われています。買いそびれた方は購入のチャンスができましたねっ(自分に言い聞かせ中)
ワタクシは3rd「TURN BACK」4th「IV」が¥の都合で買えなかったのですが、今回はどうしましょうか。。。。

自分的にクセモノなのが、この「紙ジャケット」ですねー。
お店で同一アルバムが紙ジャケット盤の限定CDとプラケース盤の通常CDで並んでいたとして、両方のCDの音質は同じ。歌詞カードとか付属するものもほぼ同じ内容だとします。
さて、ドッチか1枚を選べというなら、ワタクシ迷いなくプラケース通常盤選んじゃいます。限定とか関係ない(笑)

レコードジャケットからCDサイズに精巧に作られたようなジャケット。中のCDにはレコード同様、きちんとビニール袋にしまってある芸の細かさ。いかにも日本人らしい発想の商品ですねぇ、紙ジャケット。

しかし、こんなこと言ったら紙ジャケファンに刺されるかもしれんのですが、これってCDの売りであるはずの「取り扱いが手軽」に反してません?(その丁重な取り扱いをすることがアナログ的でええやんか!っていわれそうやなー)
外のビニールからジャケットを取り出す、CDを取りだす、CDビニールから取り出す。しまう作業はこの逆の手順…これが意外に面倒。しかし大事なCDだし、限定盤だし!?こういうとき急にA型の血が騒いでしまい、雑にとりあつかうことはなるべくしたくないなーって思っちゃう。。。リマスターでいい音が聴けるというのは非常にありがたいことなんですが、なぜに紙ジャケ。。。

…ま、これは言い訳も含まれてますけどね。要は同じ種類のCDを買うほど金に余裕がないだけ(笑
紙盤とプラ盤を両方そろえる余裕があったとしても、やっぱり一方しか買わないと思います。自分が持ってないCDや今まで聞いたことのないCDやDVDの購入にあてたいですし。

話を戻しまして。
ROOM335yyzさんもおっしゃっていますが、紙ジャケで発売されてたDSDマスタリングアルバム「Hydra」は「All Us Boys」の曲だけ他の音のレベルとは異質なこもりがあって妙です。何らかの不具合でマスタリングできなかった?間違って古い音源に差し替わっちゃった?ってぐらいに。今回の発売に合わせてこの曲が差し替えられてるなら、それはまた買いに走るかも。。。いや、CD盤だけでいいので不良品扱いで交換してもらえないですかね、この紙ジャケHydra(笑)
posted by kirry at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もA型ですが、紙ジャケがいいにゃあ〜。
Posted by たのべえ at 2005年12月16日 22:31
うぉ!たのさまは紙ジャケ派ですか!
刺されなくて良かった。。。
といいながら実はワタクシの背後で「ヌフフフ」って殺気マンマンでたっていたりして。笑

たぶん家にLPがまともに存在しなかったので、ジャケットのよさがワカランチンなんだと思います。
あぁ、悲しきCD世代…と若ぶってみる(笑)
Posted by kirry at 2005年12月19日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10692256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。