2007年03月29日

こっそりライヴに出演します

4月のライヴ告知を。

*---*---*---*---*
『おとねっとライヴオフ Vol.17』
【日時】2007/4/15(日)14:30 Open、15:00 Start
【場所】千日前アナザードリーム
【金額】前売1000円、当日1500円(ワンドリンク代別)
【URL】http://www.an-dream.com/
【出演バンド】
◆(仮)
◆ たむらんでぃ
◆ 高嶋☆かずほ with BCC
◆ Hard Driver T.M.
◆ SOUL☆SISTERS
◆ The Rollies
*---*---*---*

ワタクシ「The Rollies」で19時前後のライヴ予定となっております。
トリ…それまで飲めんやん…もう飲んでもいいかな?
酒に負けること最近なくなった気もするし(笑

前回のライヴ(2005/10)は6人編成でエアロスミスのコピーバンドでしたが、
今回はシンプルな4人構成ながらウッドベースをフィーチャーした
ロカビリー・ロケンロー中心にいきます。
あの曲がこんなアレンジになっちゃう…のも予定してまする。

一緒に飲みましょう騒ぎましょう〜(ここ一番大事:爆
posted by kirry at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | BAND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

ドラムレッスンVol.03 and セッション情報

昨日、レッスンにいってきました。

開始直後、最初先生とごちょごちょ話してるうちに15分ぐらいたってしまいました。
よく、練習スタジオなんかにペダル持参して取り付けると、
ドラムセットによってアンダープレートが浮く現象といいますか、
そういうのたまにあるんです。
きちんとはめ込んでるのにどうして?どうしたら治る?ペダルがゆがんでるのか?
って思ったんですが、明快にお答えいただきました。

<答>バスドラムの前方の滑り止めの脚をちょっと立たせて浮かす感じにする
→ドラム全体がペダル側に傾く
→傾いただけペダルが沈む
→プレートぺったり、完了。

そうか、そうなのか!!。。。
考えてみれば理論的にそうなのですが、何でも聞ける先生がいるのはいいですね。
今では学生のように試行錯誤しながら研究して聞く相手もいないし。

あと、チューニングの話になりましたが、これは…ちょっとマネできない
デロンデロンのタムがボルトの締め緩めを繰り返すうちにきちんと鳴ってました。。。

そして、前回課題の練習結果を見ていただきました。
本日はあらかじめもらっている譜面にしたがって
4分音符、8分音符、16分音符をからめてスネアをたたきました。
途中からバスドラムも4分で踏みながら。

楽譜が脳内に叩き込む記憶力が失せてるので楽譜見ながらたたいたんですが、
もちろんミスもしますし、もつれもしながらですが、そうしてるうちに
どうも左手がスネアの中心をたたけていない様子。
音がきちんとなっているか、音そのものにもにもっと集中し、注意して、と指摘されました。

今回はBPM=96ぐらいでギリギリだったようなので、次回はBPM=120でたたけるように再度宿題です。

次回もまだまだ地道にショットの練習です。いやさらに基本に戻ってるかも。
・フルストローク
・ダウンストローク
・アップストローク
・タップストローク

先生は本当はこれをレッスンカリキュラムの一番にやりたいほどだ、
とおっしゃいます。
ここできちんと音の強弱を把握し、ダイナミクスを出そう、という目的があるので
はずせないですね。

奥が深い。

*---*---*---*
あと。レッスンは関係なく、セッション出没情報です(笑)

3/31(土)PM8時より大阪京橋のバー「トランプス」にて
ジャムセッションがありまして、そこで2曲セッションに参加する予定です。
サンタナfeat.ミシェル・ブランチの「The Game of Love」、
ミチェル・ブランチの「Everywhere」です。
http://www.tramps.jp
http://www.tramps.jp/html/sub4.html
チャージなし、参加費なし、その分ドリンクたくさん飲んでいってね、という
良心価格設定となってますので、飲んで歌って楽しもうじゃありませんか〜
ちゃんと司会進行の方がいらっしゃるのでセッションは滞りなく進行すると思いますが、
僕的には飲みメインで客席で騒ごうかな、って思ってます(笑)
posted by kirry at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Drum Lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

ドラムレッスンVol.02

3/9に行って参りました。
3週間前にだされた宿題の、8分音符のスネアショットを確認してもらいます。
足は4分音符を踏み続けながら4小節のパターンにしたがってスネアを叩き、
また1小節目に戻り繰り返し叩き…です。

ちょっと足がついていかなくてノレなかったりもしましたが、
何度か躓きつつも練習項目を順番にこなしていきます。
頭にフレーズは叩き込まず、譜面を見て演奏するようにしたため、
自分のショットの様子が確認できません。いいのか悪いのかもわからん。汗

最後のパターンが鬼門でして。
足を4分音符で刻みつつ手は8分音符で「タタンタタンタタン…」です。
休符もスティックを振るようになので音的には「RL(R)LR(L)RL...」ですが
これ、音的には「タタン」をひとつのくくりに考えてしまうんですよね。
1拍半になるので足とあってなくてスネアの音を意識すると
マジックに引っかかって…足のカウントが取れなくなってしまう(汗)
足のカウントを意識して声を出しながら叩くようにレクチャーをうけ…
これはもう一回宿題。

そして、新しい課題としては以下のものをもらい、
自宅でパッドと奮闘しております。

1)「簡単な8ビートのフレーズ」
2)「8分音符と16分音符のストロークをからめたフレーズチェック」
3)「フルストローク、ダウンストローク、アップストローク、タップストローク」

2)はシンドイです。手がもつれます。。。
8分音符の振り方と16分音符の振り方が定義されていて、
そのスイッチがうまくいかないです。。。
オルタネイトなので休符も振りに数えながら、音符を追いながら、こんがらがります…

「タンタカタカ。。。」みたいなふり仮名を譜面に書こうかとも考えたんですが
やはり音符をそのまま読めたほうがいいかなと。。。

そして3)。これは奥深いですね。。。誰が考えたんでしょう。
とりあえず、2)をもうちょっと詰めてからやろうかと(笑)
ダウンストロークなんて振り下ろしたらスティックが跳ねてしまい
「ヘッドから2,3センチな至近距離にピシっととまりません、先生〜」
と泣き言を言いつつ、一応コツを教えてもらいましたが。。。

自分の進捗状況にあわせて進んでヨシのレッスンなので、
出来るところまで確実にやればいいのですが、来週末に全部できるかなー
できれば仕上げて持って生きたいけど、
今回は正直宿題多いです、うぅぅぅぅ

まぁあわてずゆっくりやっていかねばなりません。
posted by kirry at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Drum Lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

Jeffマネ悶絶ドラム集◆Girl Goodbye

昨日、TOTOのGirl Goodbyeをセッションしてきてしまいました。
やはりTOTOはセッションいきなりはむずかしいですよ、と言い訳。。。。

ここのブログのモットーが「悶絶してるプレイをさらけ出してうまくなるための糧にせよ」でしたか(笑)
ヘタクソ満開でもほんの少し音源公開で後悔です。。。汗
終わりよければすべてよし、かな(爆)

ちなみにハイハットスタンドが踏み込むたびにどんどん遠くに離れていってしまい、
Gソロ後でよいしょっと定位置に直しているところで笑いが起こり、なおかつどこまで進んだか見失いかけてまーす(爆

posted by kirry at 23:08| Comment(3) | TrackBack(0) | BAND)LIVE/練習/音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。