2007年02月20日

ドラムレッスンVol.01

こっそり更新してます。。。

先週金曜日正式にレッスンを受けてきました。
以下、僕にしかわからない表記もあるかもしれませんが、
覚書ということで了承くださいませ。

某スタジオで講師と約1時間のマンツーマンレッスンです。

講師に言われるまま、スネアを叩いてみます。。。
いわゆる実力テストのようなものですね。

「2拍3連」「4拍5連」だったっけ?もう数学の世界です。
どうたたけばいいのやら。コツすらわからず。
考え方を教えてもらい、みようみまねとか。あははは

次は、ダブルストロークの振りのチェック。
パラディドルの「RLRRLRLL」のテスト。
それもどんどんテンポがあがって叩かされ。。。
もつれますて、苦笑いの連続(汗

で。講師の所感は、
・ショットそのものは左右とも素直に振れている。
・それなりに手は速く動くほう(粒がそろっているかは別)。
・ダブルストロークもまぁまぁ
という評価だったと思います。

その後は教材プリントにしたがって、レッスン1に。
ジェフ・ポーカロのドラム演奏をするにはルーディメンツが必要で、
それを彼なりに組み合わせて演奏パターンを繰り出しているということ。
その基礎となるルーディメンツをやっておくことで対応できる幅が広がる、とのこと。
そりゃ「Mushanga」のハットパターンをシーシキシキシキと目の前で簡単にやられたら
講師のおっしゃることを納得しないほうがおかしいというか、ついていきますて(笑

ここからはおたまじゃくしとクリックの勝負。。。
5分ほどやって、タイムリミット。次までに練習しておいてくださいと。
できればフットも4分音符をキープすること、だそうな…

翌日からぼちぼち課題の復習開始。

内容は、まぁ一般的教則本に書かれてるであろうことで、
特に目新しいものというのはないですが、
ちなみにドラムやりはじめて何年と長いのに、
こういう練習、向き合ったことがなかった(ぉぃぉぃ笑)
クリックにあわせて叩かされ気分で、叩く。。。地味、地味すぎるのに手がもつれます。

まぁそのうち自分の中にすっと入り込んでいくんでしょうか。
3週間後のレッスンまでに成果をあげないと。

うーん、TOTO「Rosanna」完コピの道のりは遠く険しいっすが(爆)、
習うからにはうまくなれ自分。
posted by kirry at 01:08| Comment(4) | TrackBack(0) | Drum Lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。