2015年01月21日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年も細々と、やっていきます

今年のドラム・バンドの方は、2月にライブをすることになっています。
しかも、ツインペダルを使います。普段やりなれないので…
と言っても実際は2、3秒しか使うところはないのですが…


さて、なんとジェフ・ポーカロのムックがでるようですね。
ファンの方なら既に予約しちゃったかな?
「ジェフ・ポーカロの(ほぼ)全仕事」という名前で、以下の紹介文が書かれてました。興味ある方は是非!



ポーカロの参加作品全505枚を一挙紹介! 

バンド・TOTO創設メンバーであり、伝説のドラマーの(ほぼ)全セッション の匠の技を1冊に! 
時代時代の音楽に要求されたスタイルをパーフェクトにこなし、新しいエッセン スも盛り込むことができた稀有なドラマーの「音」に迫る! 
音楽におけるリズム(グルーヴ)の大切さ、ポーカロの素晴らしさを、オーディ オ評論家の小原由夫氏が掲載作品全てを丁寧に試聴し解説。 
ドラマー山村牧人氏による譜面付き奏法解説! 

<目次> 

第1章 TOTO 

第2章 1970~75年 

第3章 1976~79年 

第4章 1980~84年 

第5章 1985~89年 

第6章 1990~2013年 

登場ミュージシャン 
マイケル・ジャクソン、スティーリー・ダン、シェール、シールズ&クロフツ、 アル・スチュアート、ボズ・スキャッグス、大村憲司、Char、ダイ アナ・ロ ス、ジェイ・P・モーガン、ジャクソン・ブラウン、ジョン・メイオール、ピン ク・フロイド、オリビア・ニュートン・ジョン、ポール・マッ カートニー、 ジャ クソンズ、シカゴ、アレサ・フランクリン、竹内まりや、グレッグ・レイ ク、ビー・ジーズ、ラリー・カールトン、ドナルド・フェイゲン、クロス ビー・スティルズ&ナッシュ、エルトン・ジョン、ハービー・ハンコック、ライ オネル・リッチー、ポール・サイモン、エリック・クラ プトン、小田和正、アース・ウィンド&ファイア、大貫妙子、渡辺貞夫、マドンナ、セリーヌ・ディ オン、レイ・チャールズ、ブルース・スプリングス ティー ン…etc.
image.jpg
posted by kirry at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

ALL US BOYS (2006 Session)

オソレオオクもしばらく参加していたJeff Porcaro tributeセッション、
こんなの残っていたかー。
緊張して上ずるテンポですみませんなんですが、
後半うりゃーって畳みかける感じは結構好きだったり。

posted by kirry at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | Jeff Porcaro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

ご無沙汰しております。 夏の夜の夢→夢伝説(!?)

このブログが生きているのが不思議なぐらいですが、
僕は生きてますw
まるでBOSTONのような更新周期!

8/5はJeffの命日でしたっけね。。。
とはいえ、僕自身は特にJeffにつながるようなトピックもなく、
ボチボチやってまいります

夏にぴったりっぽい、いつかのスタジオセッション曲、
「夢伝説」スターダストレビューをば。

演奏はつたないけど、楽しかった夏の思い出。

posted by kirry at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | BAND)LIVE/練習/音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

My Generation

"My Generation" Covered by 露拳楼 at Osaka BIG JACK,JPN(2011-11-19)

posted by kirry at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | BAND)LIVE/練習/音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

The Guitar Workshop In L.A.


先日、「The Guitar Workshop In L.A.」なるCDを購入。
4988002608270.jpg

GUITAR WORKSHOP in L.A. [Limited Edition] / オムニ...

内容の詳しくはこちらを


発売年は1988年、TOTOでいえば「The Seventh One」のころなるでしょうか。
それとも、当CDの参加プレーヤーにデヴィッドガーフィールドがはいっているので、どちらかというと教則ビデオの感じ、なのかなー。
しばらく廃盤となっていたため、マニアの間では数万円の中古取引がされていたそうな。ホント!?
すいません、僕は難なく正規の2100円で買ってしまいました(汗
待ちに待った、、、というかこういうのがあることすら全然しらなかったので(さっぱりマニアではない自分:笑)。。。

タワレコのジャズフューの試聴コーナーにふらーっといってみたら、紙ジャケ盤「Baked Potato Super Live!」の隣に、ぱらっとおいてあり、これも試聴可能だったので聞いてみました。
1曲目のクリーンなギタートーンがさわやかな感じを受け、これからの夏の季節を勝手に想像してしまい、あー車で聴いたらいいなーとか妄想(普段車乗らないのに)。さらに、クレジットにJeffの名前が入っており、即購入と。

Jeffは、カルロス・ヴェガと収録を分け合ってますね。Jeffのプレイは、以下の4曲。
1. Take It All
3. Donna
4. Bawls
6. Bull Funk

ノリノリの1)、しっとり聴かせる3)、4)のいかにもお得意シャッフルフレーズ、6)の16シングルハンド。
Jeffの基本フレーズだけで酔いしれてしまいます。
フィルインも手数で埋めすぎることもなく。なのにかっこいい。
ちょっと練習したらひょっとしたらスコアどおりには叩けるのでしょうけど、同じにならないんだな。。。かっこよくきかせるのは別の話です。Jeffは卑怯ですね(笑)
posted by kirry at 10:45| Comment(1) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

新スネアの音。

練習中の一コマ。
ノーミュートでチューニングも特にやっていません、
好きな音ですが、もっといい音するのかな??な状態ですあせあせ(飛び散る汗)

posted by kirry at 00:42| Comment(5) | TrackBack(0) | BAND)LIVE/練習/音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

こっそりではありますが

思い出したぐらいで書くペースが僕にとってはいいのかもしれません

久々にスネアドラムを買いました。8年ぶりかな。
あまり趣味にお金はかけられないので、本当に久々です。

かなーり以前に日記にかいた記憶がありますが、大変高価でなかなか手が出ず、
正直興味もなくなっていってましたが。まさか所有者になれるとは。

cl1465sg.PNG
既に廃盤品セール品で、定価40%オフの58000円ぐらいでした。
廃盤品とはいえ、家電製品と違って、新機能が搭載されて処理が早くなるなんていう
便利系の品物ではないので特に気にはならないですね。
むしろ逆に、シェルが乾燥してていい具合になるのではないかと(勝手な推測)。

ドラムマガジンで以前、生前のジェフがCustom Classicの試作品を
というのを見たのですが、
ジェフは5インチの8テンションの試作品を試したということ、販売時期もぜんぜん違うし、当時とスペックがどう変遷していったのかは正直わかりません。
まぁですが、ちょっとうれしい(笑

記事中「スティックがもぐる感じ」とコメントしていましたが、正直どういうことなのかはわかりません。6.5インチの10テンションだと、そうはならないのかもしれません。

同じ品物でも、たたく人が変われば音も変わりますからね。あは。

しばらくこれをメインスネアとして生きていきます(大げさ:笑)
posted by kirry at 23:40| Comment(3) | TrackBack(0) | Drums,Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

アルバム

友人から引越し事情により段ボールをCD2箱引き取ることがありまして、
ようやく棚に収まったのですが(数えてないけど150枚オーバーです、多分)
その中に入っていたJeffセッション関連CDがチラリとあったので紹介。
本当はもっとあるかもしれないけど、
CDが90年代中心なのでほぼなさそうかなー、という気がしますが
正直どれがそうだかわからない、というのもあります(汗

では、思いつくまま、その1は「JARREAU/AL JARREAU」。

「Mornin'」は、どこでもきいたことある曲ですねー。
つかこの曲、インストだと思っていました。
メロディラインを他の笛系な楽器でカバーされてた記憶があるのですが…
シングル16ビート、シャッフルのハイハットがいかにもジェフ「らしく」気持ちいい。

しかし、このアルバム、曲ごとにドラマーを使い分けて、
それもスティーブ・ガッドとジェフ・ポーカロの二人。
この贅沢さ、いったい何なんでしょ。。。
プロデューサ、ジェイ・グレイドンの完璧主義のなせる業なのでしょうか。

このアルバム、Amazonでえらい高値になっているような。。。
絶版ぽいんですかね??

2つ目は「SHERYL LYNN/SHERYL LYNN」。
CDが海外の廉価モノらしく、ライナー、曲名以外まったく情報が無いチープさ。
けど、確かTOTOのメンバーが演奏していると聞いたことあるんですけど…
プロデュースの名前はペイチ父子の名前で入っているので
間違いないとは思いますが
バンドサウンド・質も全体を通して同じ感じに聞こえるので
全てTOTO組でよってたかって演奏したのかな?
「GOT TO BE REAL」がディスコナンバーとしても有名、ですねー。

3つ目は「LUKATHER/STEVE LUKATHER」
スティーブルカサーのソロアルバムですね。
僕としてはエディヴァンヘイレンやスティーブスティーブンスが参加の
そっちの名前が非常に気になるのですが(笑)
ここでもJEFF参加してますね。

4つ目はベスト盤で「HISTORY/MICHAEL JACKSON」
えっと、これはどれがどれなんだろう。。。

5つ目はボビー・コールドウェル…3枚ほどCDがあって、
なんか参加してそうな気配もあるんですがどれがどれなんだろう。。。
日本のライナーはこの辺がすぽっと抜ける傾向があったりするみたい?
posted by kirry at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

なんやかんやとしてるうちに

3月が終わっちゃいます。あー。。

TOTO/BOZ公演は見ませんでした。
時間はありましたがあまりの値段に手が出ず。。。
外人タレントだし、チケット円高還元できひんのやろか。。。

そのかわり、というわけではありませんが、
SMAP×SMAPのTV番組のTOTOコラボライブは観ました。
後釜の皆さんは百戦錬磨なのでもちろんうまいのですが
ZZTOPみたいな白ひげの仙人がいてびっくりした(笑
オリジナルのメンバが観ててつらかったなー。
ボビー、歌えてないのは10年も前からわかってることだったけど
年も年です、衰えが激しいというか。。。イアンギランの声の衰退と同じ、かなと。

toto_OLD
JeffがいるころのTOTOですなぁ。。。みんな若い!

toto05.jpg
最近に近いほうの写真かな。
白ひげの仙人はいません(写真はマイク・ポーカロですね)


*---*---*---*---*

今月はレッスンは1回(2回目はキャンセル)。
しかもほとんど練習できてないのであんまし進歩してない。
うーん、弱ったねぇ・・・。

と泣き言を言っても始まらない。時間は作り出すもの。
ってどっかのビジネス書に書いてたなー。ええっと。

「本読んだらすぐ実践に移しなさい。読んで納得しただけではなにも変わらない」
というような文を目にし、ならば、と、
最近朝おきてから会社に行くまでのダラダラした時間を短縮して
なるべく早く家を出るようにしました。
おきる時間は変わってないのにいつもより40分前には机に向かって
仕事(というか仕事に向かうためのウォームアップ)に充てられるようなりました。

といってもさすがに会社でドラム練習はできませんけどねぇ。笑


さて。
今日は久しぶりに飲みバンドが全員で集まっての練習…という名のリハビリです。笑
The Rolliesという名前です。

6月にはライヴするぞー、なんて機運が高まってますが、
その前に曲が決まってないですが。いいのか?
まぁ前回の路線を踏まえてのR&R主体、という完成度よりも勢い重視なので
ふらふらでも演奏しちゃえるんでしょうけどね

【バンド日記分(演奏記録有)】
http://toto99.seesaa.net/article/39293343.html

posted by kirry at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

99


2/24の日曜日にバンドサークルのセッションで演奏してきてしまいました、99。。。

セッションといっても楽しみましょうモットーで、失敗しても笑って許してちょんまげ(古)、
内輪で音出すぞーメインは飲むぞー的演奏会。
かつセッション後の二次会三次会のほうも長かった(笑)

99。

たまにこういう自分的チャレンジがあるというか、僕がポーカロやTOTO好きなのを知ってて「これやってくれー」とぶつけられてるような。ええ、うれしいです。でも顔はザブングル状態です汗
やる気もわきますけど。でもまぁやはりといいますか一朝一夕にできるもんじゃありませんね。

基本ほめられて育つ子なんで「練習の跡はうかがえる」といってもらえるとうれしいです(ゆとりすぎ?笑
なので演奏に関するクレームは受け付けません、ええ開き直りです。ゴメンナサイ
posted by kirry at 01:47| Comment(6) | TrackBack(0) | BAND)LIVE/練習/音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。